試行錯誤のメンヘラ人生

(元)無職・独身メンヘラ29歳。気分はいつでも寝たきりです。

リスカ跡を隠すファンデーションテープの良さについて

f:id:bipolar-yuri:20180608202825j:plain

 

リストカット跡があるせいで、悲しい思いをしたことのある人もいると思います。「(嫌な思いをするのは)自分で切ったせいじゃん(笑)」と言われたこともあります。メンヘラがバレてバイトをクビになったこともあります。好きな男の子にドン引きされたことだって。

リスカ跡をバレないように自然に隠したいんだ

私達が思春期を生き延びるための手段だったリストカットは、世間一般に誤解を招きやすいのです。

リストカット跡はリストバンドやアームカバー、テーピング、包帯でも隠せます。しかし、そうすると逆に「この下はリスカですよ」と主張せんばかりにますます目立ってしまいます。

当然のことながら、隠れさえすればよいのではなく「自然に」「そこに何もなかったかのように」隠すことが重要なんです。

リスカをやめてからの20代、色々な方法を試したけれど、結局のところ3年ほど前に出会った「ファンデーションテープ」が上記の意味で自然に隠すにはいいので、参考になればと思って記します。

 

ファンデーションテープとは

ファンデーションテープは、ログインマイライフの商標登録商品です。薄さは「0.02mm」で肌に馴染みやすいのが特徴です。防水性も高く、シャワーや温泉、海などでも剥がれにくいです。

ファンデーションテープには「傷跡用」と「タトゥー用」の2種類があるわけですが、リスカ跡を隠すためにはもっぱら「傷跡用」を使うことになります。

色は4色展開で、ピンクオークル、ベージュオークル、オークル、タンオークルまで肌色に合わせて使用できます。大きさも標準・大判・絆創膏タイプと揃っています。

私の場合、友達が使っていて「!!?」と思ったので、3年前(2015年あたり)から使い始めました。

当時はまだオークルがなく、ピンクオークル、ベージュオークル、タンオークルの3色展開でした。タンオークルを使っていたけど、肌に合わないのでもうちょっと薄い色を!と思っていたらいつの間にかオークルが誕生していました。

ログインマイライフさんは利用者の意見を取り入れて定期的に改良もされているようで、購入するたびに何かしらテープに変化を感じます。

最近購入したファンデーションテープでいうと、表面に気孔ができていました。テープに汗が溜まりにくくする配慮でしょうか。ありがたいです。

f:id:bipolar-yuri:20180608203120j:plain

(傷用オークル・標準サイズ)

 

ファンデーションテープのメリット

・自然で目立たない

ファンデーションテープの一番の良さは、その自然さです。薄さが「0.02mm」というだけあって、肌との段差がほとんど目立ちません。

それに、テープは外側の色が薄くなっているので、肌との境目も自然です。リスカ跡の白くなった部分を、均一に肌色にしてくれるのです。

・水ではがれない

ファンデーションテープは剥がれにくい。こんなに薄いのになんで?と思いますが、そこは企業秘密なのでしょうか。私はプールによく行くのですが、1回行ったくらいでは剥がれないので、安心して泳ぐことができます。

普通に普段の生活で使っていても、1週間くらいは持つでしょうか。徐々にテープのハリがなくなってくるので、換え時がわかります。


・色移りがしない

過去にコントロールカラーや下地クリームを使って、傷を隠そうとしたことがあったのですが、カバンの持ち手が見事に肌色に汚れてしまったり、汗で落ちて淡色の服についてしまったりと散々でしたね。ファンデーションテープはそれがないので嬉しいです。

 

ファンデーションテープはリスカ跡の凹凸感を隠しづらい?

ファンデーションテープは0.02mmなので、リスカ跡の凸凹までは隠れないのではと心配する人もいるのではないでしょうか。リスカ跡は白くなるだけではなく、凸凹が目立つのも悩みのタネですよね。

それをテープで隠そうとすると、それなりの厚さが必要になり、厚くなると今度は、自然に隠せるというメリットが薄れてしまうので難しいです。

対策としては、ファンデーションテープを2枚重ねるという方法があります。確かに重ねて貼ると「貼ってる感」は出てしまいますが、2枚重ねて貼ることで凹凸は目立たなくなる気がします。

しかし、そんなにまじまじと腕を見る人もいないと思いますので(笑)私は普段もプールに通う際も1枚で十分だと思っています。

 

たかがリスカ跡、されどリスカ

今回紹介したファンデーションテープ は、自然にリスカ跡を隠したい方には、最善の方法ともいえると思います。

私は脚にもリスカ以外の傷があるのですが、ファンデーションテープ+ストッキングでほぼ隠せます。腕にもストッキング文化があるといいのになあと思う今日このごろです(笑)

個人的には「過去にリスカしていた」こと、それが何だ!と思います。今こうして生きているならそれでいいじゃないか、と。

偏見の目で見る人もいるかもしれないけど、「どうでもいい」と思ってくれる人も意外とたくさんいます。

過去のリストカット跡があなたの足枷とならないことを、今を大切に一歩を踏み出せることを願っています。