試行錯誤のメンヘラ人生

(元)無職・独身メンヘラ29歳。気分はいつでも寝たきりです。

「逃げていい」という他人の言葉の無責任さと、それでも逃げなければいけなかったとき

f:id:bipolar-yuri:20190217201845j:plain

メンヘラゆりです。アルバイトなのに仕事がつらい。お昼前になると毎日限界がきます。トイレの個室で「もうむりきえたいできないもうむりもうむりうわあああ」って孤独に発狂しています。

 

具体的につらいこと

一番つらいのは、他人がどうとかじゃなくて、自分に納得がいかないこと。自分自身が何も出来ないし、仕事していて自分の頭と手と口が、自分の思うように動かない。それが本当に辛い。

二番目につらいのは、みんなが優しいこと。間違っていても一切指摘したり注意してくれないこと。大丈夫??っていつも聞いてくれるけれど、フォローしてくれるけど、私が頭悪すぎて見下されているのでつらい。

他にも労働時間が守られてないとか社長の茶だしが嫌だとか昼休みも拘束されるのが嫌だとかトイレ掃除したくないとか男性の体臭がとか色々あるけれど、とりあえず自分の仕事のできなさが一番つらい・・・。

 

こんなことでは逃げられない

私ももう残念ながら29年以上生きてきたので、本当に逃げなければいけないゴミみたいな職場環境も知っているし、自分の限界も知っています。今の職場よりつらい会社はいっぱいあった。身体的にはだるさもまだないし、まだ全然イケます。

 

「逃げていい」という他人の言葉の無責任さ

近ごろわりと「学校が辛ければ/会社が苦しければ逃げていい」といった意味合いの言葉を目にします。じゃあ私の逃げた後の人生の面倒見てくれるの??って言いたいです。

「死ぬくらいなら逃げろ」っていう言葉も子供の頃から大嫌いです。え、どこへ逃げるの?子供は義務教育と毒親からは逃げられないんだけど??って思います。人生、逃げ続けたら行き止まりで崖です。最終的には死ぬか立ち向かうかしかないんです。

 

それでも逃げなければいけなかった場面

 私はすべてのことから逃げ続けたので29歳以上独身アルバイトォォォなんですが、今思い返しても絶対に逃げなければいけなかった場面というのが人生において2度だけあります。1度目は複雑性PTSD発病のとき。2度目はハケンで身分を固定されてひどい差別をされたとき。その2つだけは後悔していません。